WXtoImg Home Page

Powered by
WXtoImg

Version
2.11.2 beta
Active Spacecraft and Mission Status

Active Spacecraft and Mission Status

NOAA 気象衛星 受信画像一覧

受信地点: 北緯 35.130, 東経 136.880 名古屋市近郊

ソフト名: WXtoImg version 2.11.2 beta Linux 64-bit

受 信 機: R139 R820T/Gqrx

アンテナ: QFH DP-KE137

最終更新:  次回 18:34 以降



気象衛星 通過スケジュール (名古屋市)

衛星名 通過開始時刻 通過終了時刻 飛行方向 最大仰角・方角(東西) 送信周波数(MHz)
協定世界時 日本標準時 協定世界時 日本標準時
NOAA 18 08-09 09:10 08-09 18:10 08-09 09:34 08-09 18:34 137.9125
NOAA 15 08-09 09:12 08-09 18:12 08-09 09:39 08-09 18:39 137.62
NOAA 18 08-09 10:50 08-09 19:50 08-09 11:11 08-09 20:11 137.9125
NOAA 19 08-09 19:03 08-10 04:03 08-09 19:24 08-10 04:24 137.10
NOAA 15 08-09 21:30 08-10 06:30 08-09 21:52 08-10 06:52 137.62
NOAA 18 08-09 23:15 08-10 08:15 08-09 23:37 08-10 08:37 137.9125
NOAA 19 08-10 06:26 08-10 15:26 08-10 06:48 08-10 15:48 137.10
NOAA 15 08-10 08:47 08-10 17:47 08-10 09:09 08-10 18:09 137.62

 ※ NOAA 17 2013-04-10 退役

増強処理について

各増強(Enhancements)は、可視光線画像や近・遠赤外線画像をそれぞれ較べて処理を加え画像を表示します。 遠赤外線では、物体表面の温度に比例した放射から温度が測定できます。 増強補正は、多様な強調をします。
MCIR
map colour IR
海を青色に、地表を緑色にするために、NOAAセンサ4の赤外線画像を使います。 高い雲は白く、低い雲は灰色に、地表と海を有色にし雲を明るく見せます。 しかし、地表と海及び低い雲の区別は難しいかもしれません。 暗い色は、より暖かい部分を示します。
MSA
Multispectral analysis
多重波長解析は、NOAAチャンネル2画像とチャンネル4画像の分析に基づき、どの領域が雲や地表か海かを判断します。 その結果、鮮明な疑似色画像を表示します。
HVC
false-colour
HVC色系を使って、温度に基づいたNOAA,APT画像から疑似色画像を作ります。 色調はセンサ4画像を元にした温度を使い、明るさはヒストグラム均一化されたチャンネルA画像の色彩度を使います。 HVC色系は、異なる色の同じ明度(value)は、同じ輝度であるように表現され、色の間隔は同じように見えます。 HVC色系では、明るい領域は不飽和になります。
Thermal 低温度の雲上部に対する増強です。 最も強い降雨が、雷雨のどこに生じているかを示すのに役立ちます。 この増強は温度標準を用います。
SST
Sea surface temp
海表面温度に基づくNOAA,APT画像から、疑似色画像を作ります。 疑似色にする為にセンサ3とセンサ4画像を元にした、海表面温度を使います。 海と雲と地表の識別はしません。 海表面温度は、ピクセル中にある薄い雲や小さい雲や、信号の雑音があると不正確になるでしょう。 この増強に限り表示される温度は、海表面温度アルゴリズムを使用し計算されます。