投稿処理 記事No 暗証キー

  ◆     デジタル化時代   ホームページ   引用 
一昨年には消防・救急無線もデジタル通信網に移行し、聴取できる範囲が狭くなりました。
自治体が使用するデジタル機器ですが、一般人には販売・購入できない仕組みになっています。
一般向けの受信機に、その復調機能を組み込むことも同様です。
入手したとしても「パスワード認証」でセキュリティ管理されています。
さらに不正使用と思われる機器には、基地局から破壊コードを送出して使用不能にするそうです。

消防署轄系は旧態依然のアナログですが、近郊しかモニターできない状況です。
将来はエアーバンドを除き、すべてがデジタル化されることになるでしょうね。

対してエアーバンドは緊急性を重んじるため、昔ながらの AM 運用です。
各種アンテナを使用してエアーバンドを楽しむのが現況です。

アンテナにも個性があり、対象により切り替えることが傍受道楽?と言えるでしょう。
この過程で意外なのが、使用するアンテナにより音質(明瞭度)が異なることです。
理屈に合わない現象と思いますが、現実です。
 2020/10/01(木) 06:59:51 [ No.1398 ]
  ◇     Re: デジタル化時代 加茂 雄司郎   引用 
あれもこれもイッパイ持っているねえ。
怪しい。
 2020/10/01(木) 09:35:56 [ No.1399 ]
  ◇     Re: デジタル化時代   ホームページ   引用 
旧態系の無線機類は大量処分しました。

アンテナは6種上がっていて、切り換えるのが趣味?になってます。
SDR デバイスも5種分配で棚の裏側はケーブル配線で賑わっています。

配線作業で無理な体勢になり首筋を痛めることも・・。
 2020/10/01(木) 10:22:35 [ No.1400 ]
  ◇     Re: デジタル化時代 加茂 雄司郎   引用 
気は若くてもな。
俺は今は無理をしません。

昔からと言うのが正しいかも。
 2020/10/01(木) 10:27:25 [ No.1401 ]
  ◇     Re: デジタル化時代   ホームページ   引用 
明日は、劣化で変色したコネクタ・古い接続ケーブル類の交換作業を行います。
今夕、上記パーツとケーブルが届くことになっています。

明日には、2波同時受信・一般向けデジタルモードが受信可能な機材が届く予定です。
見かけによらず機能が凝縮されたハンディータイプです。
 2020/10/01(木) 17:53:18 [ No.1402 ]