投稿処理 記事No 暗証キー

  ◆     停滞前線   ホームページ   引用 
停滞前線は、暖かい気団と冷たい気団の勢力が等しい状態又はほとんど移動しない状態で接触した場合に発生する前線。
上空の風向と、前線の走向が並行になっていると停滞前線ができる。
停滞前線は、多くは東西に伸びているが、南方の暖気団と北方の冷気団との相対的な勢力により、南北に上下運動をするので、前者が打ち勝てば前線は北上し、後者が打ち勝てば前線は南下する。
雲の状況と雨の降り方は温暖前線に似て、長く連続した雨が降る。

南海上から暖かく湿った空気が流れ込んで活動が活発になると、積乱雲が発達して大雨になることがある。

梅雨前線、秋雨前線などが代表例である。
その他、春の「菜種梅雨」時や、晩秋から初冬にかけての「サザンカ梅雨」時のぐずつき天気も、本州南岸沿いに伸びる停滞前線に起因することが多い。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 2020/07/15(水) 06:39:17 [ No.1140 ]