投稿処理 記事No 暗証キー

  ◆     自重トレーニング   ホームページ   引用 
文字通り自分の体重のみを利用したトレーニング法です。

器具も懸垂バーと簡易椅子のみです。

運動の基本は「懸垂・腕立て伏せ・脚上げ・踏み台(椅子)昇降」で体勢の工夫次第で全身の筋肉を鍛えることができます。

一セットの運動量を少なめに設定し、空き時間を設けてセット数を多くした方が効果的です。
 2020/05/17(日) 17:42:25 [ No.1013 ]
  ◇     Re: 自重トレーニング 加茂 雄司郎   引用 
ちょっと油断すると筋力が低下します。
このところ実感しますが、疲れるほどはしたくない。

もともとそういうのが苦手、仕方ないね。
 2020/05/18(月) 05:40:50 [ No.1014 ]
  ◇     Re: 自重トレーニング   ホームページ   引用 
ゴムチューブを利用するトレーニングも手軽でお勧めです。

このトレーニングでは、荷重を軽くして回数を多めにするのが効果的です。
トレーニングの重点は継続ですが、習慣とする努力が必要ですね。

自分の場合は、顎に引っ掛けて背骨を矯正する時に利用します。
体前屈運動時の柔軟性が増します。
 2020/05/18(月) 06:07:33 [ No.1015 ]